【夢占い】チャクラの夢にはどのような意味があるのでしょうか?

チャクラについて考えるとき、私たちは一般に、人間の中にある物質的なものと精神的なものとの間のつながりへの認識を高めます。これらすべての夢は、最も敏感な存在であるにもかかわらず、感情がより安定している人の感情の投影である可能性があります。

チャクラは、各個人から発せられるエネルギーの伝導体です。それらは、その中に浸された深い精神性の透明性と主な色を示すことができるものです。彼らは、ある存在がその始まりから高次の次元に到達するまでに持つすべての知識のつながりを指摘することができます。

このため、チャクラについての夢を見るとき、それは、この夢を視覚化する各人の内なる知識を導くための優れたガイドとなります。これらのイメージを通して、あなたは自分の肉体と予感の世界とのより大きなつながりを知覚することができます。

それを通じて、自分に限界がある場合はそれを克服したり、環境と調和して人生の目的を高めたりするための手段を導くことができます。

このタイプの夢は、各人間の中に存在する純粋な可能性と、人間の内面に特有のダルマと密接に関係しています。これは、夢のイメージを通して内なる世界を投影する方法であり、日常環境を取り巻くエネルギーを平準化する最良の方法を示します。

チャクラの夢にはどのような意味があるのでしょうか?

チャクラの存在が夢の中で参照されるとき、それは潜在意識が私たちに何かを伝える方法です。彼は、個人の理性的な部分と感情的な部分の間の適切なバランスを見つける必要があると語ります。

感情的な観点から見ると、自分が感じていることを率直に評価できることは素晴らしいことであり、それが夢を通して明らかになります。意識の世界で果たさなければならない責任を無視することなく、地に足をつけて、幻想だけで生きることなく。

私たちには 7 つのチャクラがあり、それぞれが体の異なる部分に関連していることを確立します。私たちのエネルギーを方向付けるには、潜在意識が私たちに送るメッセージを適切に解釈することが大切です。彼が夢を通して体の特定の領域に言及するとき、それらは私たちがすぐにそれらに注意を払う必要があることを示しています。

第一チャクラの夢

根(ムラダーラ)

私たちの体のこの特定の点は、すべての存在の根源を指します。それはピレネー山脈のエネルギーラインの終点に位置しています。それはラムのマントラである赤で表され、その機能は本能と安心感を投影することです。その普遍的なシンボルは、四弁の蓮の姿です。

周囲の赤信号を探して歩いている夢

夢の中で、赤信号を探して道路に沿って移動し、何度も停止しているのを見た場合、それは警告サインです。あなたの潜在意識は、あなたがここ数日活動してきた環境に安全を感じておらず、何か安全なものにしがみつく必要があります。

この夢の中で、あなたの本能は、あなたに利益をもたらす可能性が低い何らかの状況から身を守る必要があるとあなたに告げています。あなたの周囲の状況が、その環境で深い絆を築くのに理想的であるかどうかを検討する必要があります。赤信号を探す夢を見たとき、あなたは人生計画を進める前に、安全を感じたいと思っています。

あなたが周囲に赤い光を放射する夢を見る

赤い光が周囲を満たし、心地よい気分になる夢は、吉兆の夢です。それは、あなたが活動している環境で安全であり、その安全を他の人に放射しているというサインです。あなたの夢の中のこれらのイメージは、あなたが誰にとっても有益なプロジェクトを開発することを信頼できる個人であることを示しています。

あなたが夢の中で自分の能力と安全性を示すとき、それはあなたの潜在意識が、あなたが進歩し進歩するために内部的に持っているすべての可能性を示したいと思っています。あなたは人生のプロジェクトを達成し、才能や能力が必要なあらゆるイベントを指揮するのに最適な時期にあります。

あなたがラムのマントラを発音し、それが視覚化される夢を見る

これは注目を集める夢であり、あなたの内なる世界は不安を感じ、その環境の中に安定性と堅固さを見つけようと叫びます。休憩時にマントラが繰り返し空中に浮かんでいるかのように言葉で視覚化されているイメージが現れたら、あなたは自分が安全を求めていることに気づきます。

おそらくあなたは今、敏感に感じていて、 自分が活動している環境で安定を感じられる何かを必要としているのかもしれません。もしかしたらあなたは新しい仕事に応募していて試用期間中かもしれません。または、健康診断を受けなければならないが、結果がわからない場合。忍耐強く、すぐにあなたの生活に安全をもたらす必要があります。

第2チャクラの夢

仙骨ゾーン (Sua Adhisthana)

このエネルギーポイントは、体のアライメントの2番目の領域、特に仙骨に位置します。それは活力に満ち溢れた意志を表すオレンジ色で表され、そのマントラはヴァムです。個人におけるその機能は、創造性、セクシュアリティ、感情、エネルギーに影響を与えます。その表現は6枚の花びらを持つ蓮の花です。

あなたの環境にオレンジ色の光が発する夢

夢の中で、自分の環境全体がオレンジ色またはその色調に見えるのを視覚化した場合は、注意が必要です。油断せずに、目標を達成して頑張ってくださいと伝えているサインです。それはすべての予防措置を考慮に入れる必要があることを示す夢であり、第三者からの誤った約束にエネルギーを無駄にしないでください。

夢の中で見る光が拡散している場合、それはあなたがプロジェクトに取り組んでいる可能性が高いことを示していますが、彼らはそれを認識しないでしょう。これらのガイドラインに従って継続するか、継続する状況を明確にするかどうかを明確なアカウントで確立できます。

知らないオレンジ色の部屋に入る夢

夢の中で、あなたが珍しい空間にいて、その壁がオレンジ色であることを想像した場合、それはあなたがバランスを模索していることを示しています。あなたの内なる世界は重要な段階を迎えており、理性的なものを精神的なもので補う必要性を感じています。

夢の中であなたがその新しい環境で快適に感じているなら、それはあなたが自分の存在において新しい段階を始めることを示しています。あなたの人生のプロジェクトを継続するために、良いエネルギー、活力、そして新しい力であなたを満たしてくれる多くの可能性があります。逆に、その会場が気に入らない場合は、感情のバランスが崩れているという警告であり、すぐに対処する必要があります。

第3チャクラの夢

太陽神経叢 (マニプラ)

みぞおちの 3 番目の基準位置に整列して配置されます。黄色は彼を表し、彼のマントラはラムであり、人間の機能はコントロール、心、力のバランスを取ることです。それを識別する図は、10枚の花びらを持つ蓮の花です。

あなたの周りに黄色い光を放射する夢

このタイプの夢は、あなたが自分の考えと行動のバランスが保たれている段階を通過していることを示しています。すべての個人は、意識の世界において、自分の状況とその中で実行する行動を制御できることを必要とします。これがこれらのガイドラインから外れる場合、それは安定性を失い、環境の一部でその能力と達成の可能性を疑います。

黄色は一般的に成功とポジティブなエネルギーに関連付けられています。夢の中でそのトーンの光があなたの内側から発せられているのを視覚化した場合、それはあなたが成功した存在であることを示しています。あなたの人生はコントロールされ、あなたの思考と行動は環境に繁栄をもたらします。

胸の真ん中に黄色い宝石がある夢を見る

それは、あなたが自分自身をコントロールできる可能性を示す参考の夢です。あなたは美徳に満ちた人間ですが、際立っているのは感情のコントロールです。そうすることで、所属するグループの生活と拡大プロジェクトのリーダーになれるでしょう。

すべてを管理下に置きたいと考えて、自分の責任を超えないよう注意する必要があります。あなたが何かの取り組みのリーダーであり、責任を他の人に委任し、信頼して不必要な重荷から自分を解放する場合、それは便利です。共通の成功を目指して状況をコントロールし続けることができますが、ストレスや過負荷に陥ることはありません。

第4チャクラの夢

肺心臓(アン・アジャタ)

このチャクラは私たちのエネルギーラインの中心に位置し、心臓と肺の活力を指します。その優れた色は、生命と健康の緑です。彼のマントラは「Iam」です。個人におけるその機能は、愛、制裁、慈悲の中に投影されます。それを象徴するのが十二弁の蓮の花です。

あなたの環境で緑色の光の道を歩く夢

夢の中で、緑の光に囲まれた道を立ち止まることなく歩いている自分を想像した場合、それは充実感と満足感の兆候です。あなたの潜在意識は、あなたがここ数日成長してきた環境は安全で、自由に自分を表現できると感じています。また、あなたが健康で、周囲の環境に対して良好な感情エネルギーに満ちていると感じているという事実を指すこともあります。

夢を見る人の人生における緑色は、感情的、精神的、理性的な部分の静けさとバランスを反映しています。一部の専門家は、それをより良い時代の再生と再生、あるいは将来の基盤が強化される場所と関連付けているかもしれません。

第5チャクラの夢を見る

喉(ヴィシュダ)

それは個人のエネルギー配列の 5 番目の位置である喉の領域に位置しています。それは青色で表されます。ハムのマントラ。その機能は言語と成長にあり、それを識別する姿は16枚の花びらを持つ蓮の花です。

拡散した青い空間にいる夢を見る

夢の中で自分がどこにいるのかよく分からないときは、潜在意識が混乱していることを表しています。あなたが経験している状況によっては、論理的な順序を達成できません。おそらく、あなたは自分の考えをどのように伝えればよいのかわからず、時間通りに話さなければ提案された目標を達成できないと感じているでしょう。

あなたは、個人としての成長は、他の人とのコミュニケーションの取り方に依存すると考えるかもしれません。一般に、スピーチや言葉の力を熟知している人は、目標をうまく達成します。夢の中で自分がスピーチや会議をしているのを見た場合、それはあなたが自分の環境で自分のアイデアを適切に伝えることを求めている兆候である可能性があります。

第6チャクラの夢

第三の目(アグニャ)

このチャクラは被験者のエネルギー配置の 6 番目、ちょうど両目の間の領域に位置しており、それがその名前の由来です。彼が認識する色は、彼のクシャムのマントラである藍またはインディゴです。その機能は、個人の超感覚的知覚をカバーすることです。その姿は二枚の花びらを持つ蓮です。

目を閉じて周囲を認識する夢

ショックを受けることなく、静かに空間にいる自分を夢想し、想像し、周囲を完全に観察し、目を閉じているとき、あなたは自信を示しています。あなたは自分の環境を信じ、周りのすべてを明確に認識し、誰を信頼し、誰を疑うべきかを知っています。あなたも、被写体の視線を観察するだけで、その意図を汲み取ってしまうタイプの人間なのかもしれません。

見る必要がなくても自分の周囲のものを知覚している夢を見た場合、それはあなたの高い知覚力への言及です。ただし、自分の知覚能力を責任を持って活用する必要があり、個人的な利益のみを目的としてその能力を乱用しないようにする必要があります。これは、個人的または純粋に商業的な利己心を持たずに実践し、投影しなければならない賜物です 。

第7チャクラの夢を見る

王冠(サジャスラ・アラ)

この最後のチャクラは、私たちの生命エネルギーラインの始まりである頭頂部にあります。その色は白または紫で、そのマントラはオームです。その機能は神性とのつながりを維持することであり、それを象徴する姿が、豊かな花びらを持つ蓮の花です。

頭上に白い光の輪がかかる夢を見る

それは美しい夢ですが、非常にまれです。光の輪が自分を取り囲んだり、頭から発したりする夢を見た場合、それはその人の精神性の高さを示しています。それはあなたの感受性の表れであり、スピリチュアルな世界とつながるためのチャンネルを開くことができることの表れです。

このタイプの夢は、夢を見た人の一般的な限界を超えて集中したりリラックスしたりする能力を示しています。そうすることで、高い生命エネルギーを感知できる感受性を養うことができ、魂を調和と完全な幸福で満たすことができます。